水没させてしまった場合

iphoneが水に濡れてしまった時の間違った対処法

使っているiphoneが、トイレの水や飲み物などの原因で水に濡れた場合でも、正しい応急処置を行えば復旧は可能です。対処法を間違えると電源が入らなくなるだけでなく、中のデータが消えてしまうこともあります。水没時に行ってはいけない対処法としては、水分を飛ばすために機器ごと振る行為です。外部だけが濡れている可能性があるにもかからわず、水分が内部で拡散し、濡れていないところにも及ぶことがあるからです。ドライヤーで乾かす行為も厳禁で、熱風が基盤に対して悪影響を与える可能性があります。濡れたままで充電や起動を行う行為は、水に濡れている段階では通電の原因となるため、問題なく起動ができ、なおかつ乾燥した状態で行うことが基本です。

iphoneが水に濡れてしまった時の正しい対処法

iphoneが水没した時は、次の応急処置を速やかに行います。水分に触れた場合は必ず電源を切り、水分によるショート、並びにデータ破損などを避けるための処置を行います。その時、カバーやアクセサリ、SIMカード等も水分の染み込みと拭き残し防止のために、外しておきます。その後に、端末やアクセサリ等の水分をタオルなどでよく拭き取りますが、イヤホンなど細部の部分までも拭き取ることで復旧がしやすくなります。これでも水分が残っている可能性があるため、密閉袋を用意し、乾燥剤を入れて1日以上乾燥させます。後はスイッチをオンにして電源が入った、入らないに関係なく、購入した販売店にて修理依頼をします。問題なく作動するかの確認や、サビ等の水没クリーニングを行ってもらいます。

iphone修理を仙台で行う場合、最も軒数が豊富なのは仙台駅の周辺です。10軒近くの修理店が軒を連ねています。

© Copyright Method For Smart-phone. All Rights Reserved.