街中の修理店の場合

街中の修理店が安い理由

iphoneが故障した際、正規店に直接修理を依頼すると非常に高額な修理費がかかりますが街中の修理店に修理を依頼するとメーカーに依頼するよりも安い費用で修理を行ってくれます。
街中の修理店の修理費が安い理由は互換部品を使っている事にあります。
正規店で修理を行うと発売時の正規品の部品の価格で修理を行うどころか新品の製品をそのまま交換してしまうため、新品の製品分のお金がかかってしまいます。
一方街中の修理店ではiphoneを分解して故障の原因であるパーツを互換部品で交換するので正規店よりも安い価格でiphoneの修理を行う事ができるのです。
また、正規店では実際に修理してから料金を提示するのに対し、街中の修理店では最初に修理代金を提示するので修理予算を計算しやすいメリットがあります。

安いから性能が悪くなるのか

でも安かろう悪かろうのことわざ通り街中の修理店は正規店よりも修理のクオリティは下なのでしょうか。
実は街中の修理店と正規店とではあまり修理の作業の内容に差がありませんし、互換部品も性能が正規品とほぼ同じ物も多いので正規品と同じクオリティの修理を行うことができます。
また、正規店では1か月近くかかる修理期間や待ち時間が非常に短く、また正規店とは違い修理しても初期化されることがありません。
ただし、街中の修理店の中には修理のクオリティが低かったり、粗悪な互換部品を使っていることがあります。他のお店よりも修理実績が少なかったり、料金が他の修理店よりも異様に低い場合にはその修理店にはiphoneの修理をしないほうがいいでしょう。

iphoneの修理を吉祥寺エリアですると、データのバックアップ不要、地域最安値で、ひどいガラス割れもその日中に直してくれます。

© Copyright Method For Smart-phone. All Rights Reserved.