ボタン不良の場合

ホームボタン不良時の修理までの対処方法

皆さんはiphoneを使用していてホームボタンの反応が悪くなって押しても反応がしにくくなったりする事はありませんか?ホームボタンが反応しにくくなる主な原因としては、iphoneのデータなどのバグやボタンの劣化・損傷が一般的には考えられます。そんな時に試してみる方法が二つあります。まずは一つ目は、電源の入れなおしです。ずっと電源を入れたままで長い時間がたつとボタンの反応不良が起こることがあるため、電源を入れなおしをしてiphone自体のリフレッシュを行ってみてください。次に二つ目は、バックグラウンドのアプリを消去することです。バックグラウンドのアプリが多すぎてそもそもiphoneの反応が遅くなっている場合があります。そのためいらないアプリは消去するのをお勧めします。

対処しても直らないときの修理までの応急処置

上記の二つのような対応を取ってもボタンの反応不良が改善しない場合には、ボタン自体の劣化や損傷が考えられます。そのため、iphoneを修理に出すことになりますが、修理に出すまでの期間作業をしたい場合にホームボタンがずっと使えないのは短い期間とはいえ非常に不便な事です。そのような場合に、iphone5以降の機種であれば応急処置としてiphone画面上にホームボタンを表示できるようになっています。まず設定を開き、アクセシビリティを選択後AssistiveTouchを行うことでiphone画面上にホームボタンを表示できることが可能になります。修理に出すまでの期間はこのボタンを代用する事をお勧めします。

© Copyright Method For Smart-phone. All Rights Reserved.